-

カードローンの支払内容はカード会社の方針によってだいぶ違いというものがあって多様なやり方が選択されております。一般的なところではスライド方法やリボルディング払方式が導入されているようです。そしてかような多くの人が聞いたことがあるリボルディング払いですけれども実際のところ算出方式にはいろんな方法があったりします。それ故さのごとき方法によっては返済合計金額が異なってきてしまいますから理解していて負担はないでしょう。じゃあ理解しやすく2つのやりようのへだたりについて説明していきましょう。一つは元金均等払い、その次は元利均等払いです。両者はその名を冠する通り、元本についてを均分にして払っていくという方式と、元金と利息についてつごうで均一に支払っていくという方式です。今回はもし10万円キャッシングしたとし如何様な算定をするのか試してみましょう。利子については両方とも15%と設定して計算します。またリボルディング払の金額を1万円とし考えます。とにかく元金均等払いからです。このケースのはじめの支払いは1万円に対して金利分1250円を加えた引き落としになります。その次の支払いについては1万円に対して利子1125円を合計した支払いになるのです。こういったようにして全10回にて返済を終えると言う形式となります。これに対して元利均等払いは1回目の引き落しに関しては1万円でそこから元金に8750円利息へ1250円という具合に分配します。その次の返済に関しては元本が8750円に減った状態で金利を勘定しその1万円を更に分配するのです。つまり、元利均等払いの事例は10回で返済が完了しない算出になります。たったこれだけのずれで二方がどれほど変わっているのかたっぷり分かって頂けたと思います。元利均等というのは元金均等と比較し、顕然と元が減るのが遅延しているというような難点があったりします。即ち利率といったものをおおく返済すると言う状態になってしまうのです。他方、1度目の支払が小さな額で済んでしまったというメリットも存在するのです。こうした引き落し手法についての差異により、支払金額というのが変わってきたりしますから自分の返済計画に合致した方針を取るようにしていきましょう。

Category

リンク